読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハロートレーニングWebデザインの勉強 Webデザイン フェリカテクニカルアカデミーWebサイト制作科

セレクタの使い方

jQuery

最低限、使うものだけ覚える

  • テキスト〜P.54
  • すべてを覚えようとしないこと
JavaScriptの読み込み順序
  • HTMLをすべて読み込み後に、jQueryの処理を実行する
<script>
$(document).ready(function(){
  //この中に処理を記述
});
</script>


この記述であれば、bodyの終了タグの前でも、script内でも問題なく動作します。


短縮形

<script>
$(function(){
  //この中に処理を記述
});
</script>

デバッグ

  • jQueryJavaScriptの動作確認やエラーチェックをする作業
  • 変数の値を確認するには、console.log( 変数名 ) を記述する


jQueryを使うための流れ

  1. どの箇所に対して
  2. 何をさせる
  3. どのタイミングで
jQueryの文法
  1. どの箇所に対して:セレクタ
  2. 何をさせる:メソッド
  3. どのタイミングで:イベント

セレクタ

  • CSSセレクタjQueryセレクタは同じ記述
  • $('要素名') → <div>要素指定</div>
  • $('#id名') → <div id="id名">id指定</div>
  • $('.class名') → <div class="class名">class指定</div>
セレクタ
  • 「どこの箇所(要素 / 属性)に対して操作したい」と指定するために使用するのが「セレクタ」です
  • 基本は、CSSセレクタと同じです


HTML要素を指定

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>セレクタ:要素に対して</title>
<script src="http://code.jquery.com/jquery-3.2.1.min.js"></script>
<script>
$(document).ready(function(){

  //$('要素名')に対してstyle='color:#f00;'を設定
  $('div').css('color','#f00');  //文字を赤色に

});
</script>
</head>
<body>
<div name="test"> 
<p>これはdiv要素の子要素</p>
</div> 
<p>これはp要素</p>
</body>
</html>




name属性を指定

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>セレクタ:name属性に対して</title>
<script src="http://code.jquery.com/jquery-3.2.1.min.js"></script>
<script>
$(document).ready(function(){

  //$('name属性=name属性値')に対してstyle='color:#f00;'を設定
  $('[name="test"]').css('color','#f00');  //文字を赤色に

});
</script>
</head>
<body>
<!-- name=testにのみ、赤色のスタイルが設定される -->
<div name="test"> 
<p>これはname属性”test”の子要素。</p>
<p>これはname属性”test”の子要素。</p>
</div>
<!-- name=demoには、赤色のスタイルが設定されない -->
<div name="demo"> 
<p>これはname属性”demo”の子要素。</p>
<p>これはname属性”demo”の子要素。</p>
</div>
</body>
</html>




id属性を指定

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>セレクタ:id属性に対して</title>
<script src="http://code.jquery.com/jquery-3.2.1.min.js"></script>
<script>
$(document).ready(function(){

  //$('#id名')に対してstyle='color:#f00;'を設定
  $('#test_id').css('color','#f00');  //文字を赤色に
	
});
</script>
</head>
<body>
<!-- #test_idに対してのみ、赤色のスタイルが設定される -->
<div id="test_id">
<p>これはid属性”test_id”の子要素。</p>
<p>これはid属性”test_id”の子要素。</p>
</div>
<!-- #demoに対しては、赤色のスタイルが設定されない -->
<div id="demo"> 
<p>これはid属性”demo”の子要素。</p>
<p>これはid属性”demo”の子要素。</p>
</div>
</body>
</html>




cass属性を指定

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>セレクタ:class属性に対して</title>
<script src="http://code.jquery.com/jquery-3.2.1.min.js"></script>
<script>
$(document).ready(function(){

  //$('.class名')に対してstyle='color:#f00;'を設定
  $('.test_class').css('color','#f00');  //文字を赤色に
	
});
</script>
</head>
<body>
<!-- .test_classに対してのみ、赤色のスタイルが設定される -->
<div class="test_class">
<p>これはclass属性”test_class”の子要素。</p>
<p>これはclass属性”test_class”の子要素。</p>
</div>
<!-- #test_classに対しては、赤色のスタイルが設定されない -->
<div id="test_class"> 
<p>これはid属性”test_class”の子要素。</p>
<p>これはid属性”test_class”の子要素。</p>
</div>
</body>
</html>




すべての要素を指定

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>セレクタ:class属性に対して</title>
<script src="http://code.jquery.com/jquery-3.2.1.min.js"></script>
<script>
$(document).ready(function(){

  //$('すべての要素')に対してstyle='color:#f00;'を設定
  $('*').css('color','#f00');  //文字を赤色に

});
</script>
</head>
<body>
<div>
<p>すべての要素が対象になる(div要素のなかのp要素)</p>
<p>すべての要素が対象になる(div要素のなかのp要素)</p>
</div>
<p>すべての要素が対象になる(p要素)</p>
<ul>
<li>すべての要素が対象になる(ul要素のなかのli要素)</li>
<li>すべての要素が対象になる(ul要素のなかのli要素)</li>
</ul>
</body>
</html>




要素名もしくはid名に一致する要素を指定

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>セレクタ:要素名もしくはid名に一致する要素に対して</title>
<script src="http://code.jquery.com/jquery-3.2.1.min.js"></script>
<script>
$(document).ready(function(){

  //$('要素名, #id名')に対してstyle='color:#f00;'を設定
  $('div, #test').css('color','#f00');  //文字を赤色に

});
</script>
</head>
<body>
<!-- div要素もしくは#testに対してのみ、赤色のスタイルが設定される -->
<div>div要素</div>
<p id="test">p要素のid属性=”test”</p>
<!-- #no2に対しては、赤色のスタイルが設定されない -->
<p id="no2">p要素のid属性=”no2”</p>
</body>
</html>




id名の子である特定の要素を指定

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>セレクタ:id名の子である特定の要素に対して</title>
<script src="http://code.jquery.com/jquery-1.11.3.min.js"></script>
<script>
$(document).ready(function(){

  //$('#id名 要素名')に対してstyle='color:#f00;'を設定
  $('#test div').css('color','#f00');  //文字を赤色に

});
</script>
</head>
<body>
<div id="test">
<!-- #testの子要素divに対してのみ、赤色のスタイルが設定される -->
<div>これはid属性”test”の子要素(div要素)</div>
<p>これはid属性”test”の子要素(p要素)</p>
<div>これはid属性”test”の子要素(div要素)</div>
<p>これはid属性”test”の子要素(p要素)</p>
</div>
</body>
</html>




id名の子である特定の要素すべてに対して

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>セレクタ:id名の子である特定の要素すべてに対して</title>
<script src="http://code.jquery.com/jquery-1.11.3.min.js"></script>
<script>
$(document).ready(function(){
  
  //$('#id名 > 要素名')に対してstyle='color:#f00;'を設定
  $('#test > p').css('color','#f00');  //文字を赤色に

});
</script>
</head>
<body>
<div id="test">
<!-- #testの子要素pに対してのみ、赤色のスタイルが設定される -->
<div>これはid属性”test”の子要素(div要素)</div>
<p>これはid属性”test”の子要素(p要素)</p>
<div>これはid属性”test”の子要素(div要素)</div>
<p>これはid属性”test”の子要素(p要素)</p>
</div>
</body>
</html>




class名1の要素以下にあるclass名2の要素に対して

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>セレクタ:class名1の要素以下にあるclass名2の要素に対して</title>
<script src="http://code.jquery.com/jquery-3.2.1.min.js"></script>
<script>
$(document).ready(function(){

  //$('.Class名1 .Class名2')に対してstyle='color:#f00;'を設定
  $('.test .demo').css('color','#f00');  //文字を赤色に

});
</script>
</head>
<body>
<div class="test">
<!-- .testの子要素.demoに対してのみ、赤色のスタイルが設定される -->
<div class="demo">これはclass属性”test”の子要素(クラス名demo)</div>
<p>これはclass属性”test”の子要素(クラス名なし)</p>
<div class="demo">これはclass属性”test”の子要素(クラス名demo)</div>
<p>これはclass属性”test”の子要素(クラス名なし)</p>
</div>
</body>
</html>




class名1・class名2の両方をもつ要素に対して

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>セレクタ:class名1・class名2の両方をもつ要素に対して</title>
<script src="http://code.jquery.com/jquery-3.2.1.min.js"></script>
<script>
$(document).ready(function(){

  //$('.Class名1.Class名2')に対してstyle='color:#f00;'を設定
  $('.test.demo').css('color','#f00');	//文字を赤色に

});
</script>
</head>
<body>
<div>
<!-- .testと.demoが両方指定されている箇所に対してのみ、赤色のスタイルが設定される -->
<div class="test demo">これはdiv要素の子要素(クラス名:test、demo)</div>
<p class="test">これはdiv要素の子要素(クラス名:test)</p>
<div class="demo test">これはdiv要素の子要素(クラス名:demo、test)</div>
<p class="test">これはdiv要素の子要素(クラス名:test)</p>
</div>
</body>
</html>




最初の対象要素に対して

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>セレクタ:最初の対象要素に対して</title>
<script src="http://code.jquery.com/jquery-3.2.1.min.js"></script>
<script>
$(document).ready(function(){

  //$('要素名:first')に対してstyle='color:#f00;'を設定
  $('p:first').css('color','#f00');	//文字を赤色に

});
</script>
</head>
<body>
<div>
<!-- p要素の一番最初の要素に対してのみ、赤色のスタイルが設定される -->
<p>1番目のp要素</p>
<p>2番目のp要素</p>
<p>3番目のp要素</p>
<p>4番目のp要素</p>
<p>5番目のp要素</p>
<p>6番目のp要素</p>
</div>
</body>
</html>




最後の対象要素に対して

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>セレクタ:最後の対象要素に対して</title>
<script src="http://code.jquery.com/jquery-3.2.1.min.js"></script>
<script>
$(document).ready(function(){

  //$('要素名:last')に対してstyle='color:#f00;'を設定
  $('p:last').css('color','#f00');	//文字を赤色に

});
</script>
</head>
<body>
<div>
<!-- p要素の一番最初の要素に対してのみ、赤色のスタイルが設定される -->
<p>1番目のp要素</p>
<p>2番目のp要素</p>
<p>3番目のp要素</p>
<p>4番目のp要素</p>
<p>5番目のp要素</p>
<p>6番目のp要素</p>
</div>
</body>
</html>




対象要素名が複数ある場合、indexで偶数番目に対して

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>セレクタ:対象要素名が複数ある場合、indexで偶数番目に対して</title>
<script src="http://code.jquery.com/jquery-3.2.1.min.js"></script>
<script>
$(document).ready(function(){

  //$('要素名:even')に対してstyle='color:#f00;'を設定
  $('p:even').css('color','#f00');	//文字を赤色に

});
</script>
</head>
<body>
<div>
<!-- p要素の偶数番目の要素に対してのみ、赤色のスタイルが設定される -->
<p>0番目のp要素</p>
<p>1番目のp要素</p>
<p>2番目のp要素</p>
<p>3番目のp要素</p>
<p>4番目のp要素</p>
<p>5番目のp要素</p>
</div>
</body>
</html>




対象要素名が複数ある場合、indexで奇数番目に対して

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>セレクタ:対象要素名が複数ある場合、indexで奇数番目に対して</title>
<script src="http://code.jquery.com/jquery-3.2.1.min.js"></script>
<script>
$(document).ready(function(){

  //$('要素名:odd')に対してstyle='color:#f00;'を設定
  $('p:odd').css('color','#f00');	//文字を赤色に

});
</script>
</head>
<body>
<div>
<!-- p要素の奇数番目の要素に対してのみ、赤色のスタイルが設定される -->
<p>0番目のp要素</p>
<p>1番目のp要素</p>
<p>2番目のp要素</p>
<p>3番目のp要素</p>
<p>4番目のp要素</p>
<p>5番目のp要素</p>
</div>
</body>
</html>


広告を非表示にする