読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハロートレーニングWebデザインの勉強 Webデザイン フェリカテクニカルアカデミーWebサイト制作科

配列はArrayオブジェクト

JavaScript

配列はArrayオブジェクト

  • 配列をArrayオブジェクトというオブジェクトとして扱います
  • 配列(ビルトインオブジェクト)を生成するには、new演算子とArrayコンストラクタを使い新しいオブジェクトを生成します
  • Arrayコンストラクタの引数には、要素数を渡します



配列の宣言

  • 変数と同様「var」を記述

var 配列名 = new Array(変数の数);


通常は、

var 配列名;
配列名 = new Array(変数の数);

var names;
names = new Array(100);

※Arrayコンストラクタ
※要素数


配列名と添字

  • 配列に格納された個々の値のことを「要素」と呼びます
要素
  • 区切りを表す記号「[ ] ブラケット」を使います
  • 1つ1つの箱は、「a[0], a[1], ・・・」と表します。

変数名[要素番号]

添字
  • 要素番号を「添字」と呼びます
  • 0からはじまる、配列のインデックス番号です。
  • キーともいいます。

配列名 [添字]

※添字は「0」から始まります

配列の作り方

  • クラスからオブジェクトを作るキーワード「new」を使う
  • シンボルからインスタンスをつくるときと同じ考え方
  • シンボルやクラスは「もと」になるもの
  • そこから生まれたものは、すべて「オブジェクト」と呼ばれる

var 配列名 = new Array (変数の数);
 または、
var 配列名 = [変数の数];

Arrayコンストラクタを使用
  • 引数には、配列の要素数を指定
var fruit = new Array(4);
fruit[0] = 'イチゴ';
fruit[1] = 'みかん';
fruit[2] = 'りんご';
fruit[3] = 'バナナ';
配列に値を代入する
  • 左辺に配列名[添字]、右辺に値を記述します
var a = new Array(3);
a[0] = 5;
a[1] = 2;
a[2] = 18;
  • 配列の宣言と値の代入を同時に記述
var a = new Array(5, 2, 18);
  • 配列に文字を代入することも可能
var a = new Array(2);
a[0] = 'えんぴつ';
a[1] = 200;
var a = new Array('えんぴつ', 200);
new演算子とArrayを使わない場合
var fruit = ['イチゴ','みかん','りんご','バナナ'];
var a = [5, 2, 15];
空のArrayオブジェクトを作成し、要素に値を代入する場合
var a = new Array();
a[0] = 5;
a[1] = 2;
a[2] = 15;

配列の要素を参照

配列の要素を、普通の変数のように参照することができます。

var a = new Array();
b = a[0];
  • a[0]の値「1」を参照します
  • 値を代入していない配列にアクセスすると、undefinedが返されます

配列の要素を代入する

配列の要素に、いろりろな値を代入することもできます。

a = new Array(1, 2, 3);
a[0] = 4;
a[1] = "five";
a[2] = "六";
  • 数値と文字列など異なる型の変数を、1つの配列にまとめることもできます
a = new Array(1, "five", "六");
一部のデータを取り出し表示
<!DOCTYPE html>
<html lang='ja'>
<head>
<meta charset='UTF-8'>
<title>配列を使う</title>
</head>
<body>
<script>
var names = new Array(4);
names[0] = '山田太郎';
names[1] = '鈴木一郎';
names[2] = '佐藤花子';
names[3] = '田中健一';

  document.write('<h2>こんにちは' + names[0] + 'さん</h2>');
  document.write('<h2>こんにちは' + names[3] + 'さん</h2>');
</script>
</body>
</html>


配列を使うと処理が簡単

  • for文などのループと組み合わせて、すべてのデータを一括処理できる
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>配列を使う</title>
</head>
<body>
<script>
var names = new Array(4);
names[0] = '山田太郎';
names[1] = '鈴木一郎';
names[2] = '佐藤花子';
names[3] = '田中健一';

for (var i = 0; i <= (names.length - 1); i++) {
  document.write('<h2>こんにちは' + names[i] + 'さん</h2>');
}
</script>
</body>
</html>


Arrayコンストラクタ

var names = new Array(4);
  • これで4つの空の要素をもつ配列が生成されます
  • 空といっても何もないわけではなく、各要素には「undefined」という特別な値が格納されています
  • undefinedは、「未定義」という意味


<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<title>配列の演算</title>
<meta charset="UTF-8">
<style>
table {
  border-collapse: collapse;
}
th{
  background-color:#EEE;
}
th,td {
  width:100px;
  line-height: 30px;
  text-align:center;
}
</style>
<script>
var a = new Array(3);
var b = new Array(3);
var kai;
a[0] = 5;
a[1] = 12;
a[2] = 18;
b[0] = 33;
b[1] = 14;
b[2] = 65;
function kakezan0(){
  kai = a[0] * b[0];
  alert('答えは' + kai + 'です');
}
function kakezan1(){
  kai = a[1] * b[1];
  alert('答えは' + kai + 'です');
}
function kakezan2(){
  kai = a[2] * b[2];
  alert('答えは' + kai + 'です');
}
</script>
</head>
<body>
<h3>配列の演算</h3>
<table border="1">
<tr>
<th>添字</th><th>a</th><th>b</th><th>a×bを計算</th>
</tr>
<tr>
<th>0</th><td>5</td><td>33</td><td><button onclick="kakezan0()">計算結果</button></td>
</tr>
<tr>
<th>1</th><td>12</td><td>14</td><td><button onclick="kakezan1()">計算結果</button></td>
</tr>
<tr>
<th>2</th><td>18</td><td>65</td><td><button onclick="kakezan2()">計算結果</button></td>
</tr>
</table>
</body>
</html>
var weather = new Array('晴れ', '雨', '曇り');
  • Arrayコンストラクタの引数に、直接要素の値を指定することもできます
  • その場合、要素のリストをカンマ「,」で区切って並べます


lengthプロパティとfor文

  • 配列の要素数は、lengthプロパティに格納されています
var len = names.length;
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>無題ドキュメント</title>
</head>
<body>
<script>
var i;
var dayOfWeek = new Array(7);
var len = dayOfWeek.length;

dayOfWeek[0] = '日曜日';
dayOfWeek[1] = '月曜日';
dayOfWeek[2] = '火曜日';
dayOfWeek[3] = '水曜日';
dayOfWeek[4] = '木曜日';
dayOfWeek[5] = '金曜日';
dayOfWeek[6] = '土曜日';

//配列のすべての要素を出力
for(i = 0; i < len; i++){
  document.write(dayOfWeek[i] + '<br>');
}
</script>
</body>
</html>

表品数×価格の表

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>繰り返し処理</title>
<style>
table {
  border-collapse: collapse;
}
th {
  background-color: #EEE;
  width:80px;
  padding: 5px;
}
td{
  width:80px;
  text-align:right;
  padding: 5px 8px;
}
</style>
</head>
<body>
<h3>単価×個数の一覧表</h3>
<table border="1">
<tr>
<th>個数</th><th>商品A</th><th>商品B</th><th>商品C</th>
</tr>
<script>
var tanka= new Array(3);
tanka[0] = 300;
tanka[1] = 450;
tanka[2] = 520;

for (i=1 ; i<=10 ; i++){
  document.write("<tr>");
  document.write("<th>" + i + "</th>");

  for (j=0 ; j<=2 ; j++){
    document.write("<td>" + tanka[j]*i + "円</td>");
  }
		
  document.write("</tr>");
}
</script>
</table>
</body>
</html>

まとめ

  • 配列とは、Arrayオブジェクト
  • 配列の長さは、lengthプロパティに入れられる
  • 配列の各要素を順に処理するには、for文を使用する